便秘と下痢を治す

おなかの学習講座


7.便秘に伴う症状もケアをする


便秘自体ではなく、便秘に伴う症状として以下のものがあります。

頭重・のぼせ

頭が重く感じられ、上半身に熱感があったり、下肢に冷汗を覚えるもの。
自律神経や下垂体の正常な働きを妨げていることが多い。

肌荒れ

小腸に潤いを保つ抗体(IgA)を作り出す組織があるが、便秘により強い刺激を
受けたり、ビフィズス菌などが劣勢で機能しにくくなっている。潤いを保つ抗体が豊富であれば肌はキレイである。

吹出物

排泄されない停滞物より有害な毒素を産生し、血流に乗り血行の悪い部位に炎症となって現れる。

食欲不振

胃腸の働きを司る神経が、便秘により妨げとなって消化機能が動かない。

腹部膨満

停滞物により有害菌により有害ガスがでたり、東洋医学的にいう湿熱、水の流れが停滞し浮腫んでいる。

腸内異常発酵

排泄されず長く停滞すると、蛋白質性のものは腐敗し始め、有害菌を繁殖させ有害ガスを産生する。

硬い便をいきむことで裂傷したり、腸からの毒素を処理しきれない肝臓は、門脈血を停滞させて肛門周辺に炎症となって現れる。

アストルベン錠・ビフロの
お買い求めはこちらから