便秘と下痢を治す

おなかの学習講座


6.便秘に伴ういろいろな症状


便秘薬の効能

便秘薬の効能に記されているものは下記の通りです。

  • 便秘
  • 便秘に伴う症状の緩和 :
    頭重、のぼせ、肌あれ、吹出物、食欲不振、腹部膨満、腸内異常発酵、痔

便通が つき、また随伴症状がすぐに改善されると良いのですが、なかなか思うようにならないことが多いようです。

便秘症を治療する大切な方法

  • 毎日の排便を無理のないようコントロールすること。
  • 自分の常在菌を増やすことができる食事やサプリメントを厳選して一定期間摂ること

この二つの方法をきちんと取り入れて2〜3ヶ月、きちんとおなか管理をすることで完治への答えが出てきます。

特に肌荒れや吹き出物、顔色が優れない、いつもおなかが張っている、便の匂いがきついことなどの諸症状は常在菌のコントロールをすることで改善されることが多いのです。

便通がつくことで常在菌のバランスが少しづつ善玉的ネットワークとなることで、伴う症状は少しづつ改善されます。

ですから、便秘にオリゴ糖とか食物繊維が良いと言われる所以は、常在菌の増殖と活性化に注力することが大切と言うことなのです。

要約しますと非刺激性お通じ薬と、常在菌を活性化する食事を並行して進めることが便秘症解決への近道です。

アストルベン錠・中建発酵の
お買い求めはこちらから